マーケティングを「知る・わかる」から「やってみる・できる」に【 マーケティングの人材開発・組織開発 】

プロダクトマネジャー養成講座アドバンス

  • HOME »
  • プロダクトマネジャー養成講座アドバンス

 特別講師 岡部髙明氏(元 ユニ・チャーム株式会社 取締役常務執行役員 CMO<チーフ・マーケティング・オフィサー>)によるマーケティング中・上級者向けの講座。

 強い会社のブランド構築メソッドを習得できる≪ブランド力強化コース≫強い企業の事業戦略策定方法を学べる≪事業戦略開発コース≫を隔年で開催。

おかげ様で満席となりました >>> ありがとうございます

プロダクトマネジャー養成講座アドバンス2019≪事業戦略開発コース≫

 企業が存続し、成長していくには「変化適応力」と「価値創造力」の2つの力が不可欠である。目まぐるしく変化する環境にあっても「変化に適応」し、飽和しつつある市場においても「変化を興す」ことがビジネスの王道と言われる。

 つまり、変化を先取りするような既存事業戦略の強化策が鍵を握っているし、長期的には新規事業の柱を創り出す必要がある。業績好調な会社ほど、長期計画を描いている。

 変革と創造のチャンスである新時代、持続的な競争優位を実現する強い事業戦略はどう考えるのか、創造を阻む壁を越えていくには何が必要なのか、数々の事業展開の実例と経験からご案内します。

岡部先生の講義は一聴の価値があります!

 日本市場とグローバル市場の両方で、既存事業の拡大と新規事業展開の実務経験がある方が講師を務めるセミナーは非常に稀です。

 特別講師の岡部髙明氏は、ユニ・チャーム株式会社において「ベビーケア事業」「AI(大人用失禁用品)事業」「ヘルスケア事業」の事業本部長として、事業の国際化を積極的に推進し、さらにはCMO(マーケティング最高責任者)としてマーケティングの仕組みをドメスティックからアジア全域、欧州へと、グローバル・システムに進化させてきた方です。

実体験に基づくリアリティのある講義と解説
 論理的かつ具体的で実務にすぐに役立つ

 岡部氏の実体験に裏打ちされた熱のこもった講義は、「臨場感がある」「腹落ちして納得できた」「目からウロコが落ちた」「刺激になった」との感想が寄せられます。また、豊富な知識・経験から質問に対して的確なアドバイスがあります。

 ≪事業戦略開発コース≫は、事業戦略に関する幅広く、濃い経験から、既存事業戦略および新規事業戦略の策定のプロセスとポイントを掴んでいただけるカリキュラムです。2年に1回の開催です。この貴重な機会をどうぞご活用ください。


特別講師】 株式会社岡部マーケティングオフィス 代表 岡部 髙明 氏

1977 年ユニ・チャーム株式会社入社。ブランドマネージャー、マーケティング本部長、営業本部長、事業本部長を歴任し、2001 年よりチーフ・マーケティング・オフィサーを6年間務める。2011年コンサルタントとして独立。大手メーカーを中心に、事業戦略の構築、海外への新規参入戦略、新規事業開発戦略、新製品開発や新製品 開発システムの構築、営業戦略の構造改革、トータル・マーケティングシステムの組織開発・仕組み開発など、多岐にわたって活躍中。

全6回の日程およびテーマ



当講座の特長

各回の前半は【講義】で質の高いインプット、後半は【演習】で意味あるアウトプットの2部構成で、双方向に学べます。

岡部講師が各回のテーマに沿った【演習】を開発。4~6名のグループで「もし自分がその事業戦略立案の責任者だったら…」という視点で討議します。「理解が深まる」「面白くて、のめり込む」「他社の人たちと意見や情報を交換できてよい」等、毎回好評です。

また、自社の事業戦略について、つい距離が近すぎて見えづらくなっているところを【演習】を通して客観視でき、改善点に気付かれる方もたくさんいらっしゃいます。



各回の進行(目安)10:30~17:00



参加要項

◆ 定員 / 22名 <申込順。定員になり次第、締め切らせていただきます>

◆ 参加費 /
●全6回参加ご希望の方 213,840円(33,000円×6回=198,000円+消費税8%)<レジュメ資料、ミニ懇親会代を含む>
●単回参加ご希望の方 1回当たり 38,880円(36,000円+消費税8%)
【特典1】再受講制度あります:過去の≪事業戦略開発コース≫に全6回通しで参加経験がある方は、全6回一括/単回参加ともに半額で再受講できます。
【特典2】ご希望の方は、『プロダクトマネジャー・マニュアル』をお一人様1セットに限り、半額の37,800円(税込)にてお求めいただけます。

◆ 会場 / 東京都江東区内 ホテル会議室

ミニ懇親会 / 第1回と第5回の終了後に、ミニ懇親会(17:10~18:40までの90分程度)を予定しています。会場はそのままで、缶ビールやソフトドリンク、軽食をご用意します。自由参加です。



前回の≪事業戦略開発コース≫参加者の声

●業界の第一線で活躍されていた岡部先生の経験に裏打ちされたリアルな講義には迫力があります。さまざまな戦略論も学習でき、会社の中長期を考える上でたいへん意義がありました。新たな活力が湧いてきました。

●STP手法など過去に学んだことはあってもどこか実務と離れたところにあるように感じていましたが、企業で結果を出し続けて来られた岡部先生の実務経験の裏付けのあるお話を聴き、自信をもって理論を活用できるようになりました。

●実績ある岡部先生から体系的に事業戦略を学べます。マーケティングのフレームワーク等を紹介するセミナーは他にもありますが、この講座では一歩踏み込んで具体的な使い方を明確に学習でき、すぐにケーススタディで実践できます。



プロダクトマネジャー養成講座アドバンス2018≪ブランド力強化コース≫

なぜブランドが大切なのか?

企業にとって、最も重要な資産は「人材」と「ブランド」。

ターゲット顧客との「絆」がブランドという無形資産となり、持続的な競合優位をもたらす。

昨今のマーケティング競争の焦点は、無形の差別化をつくるブランドをめぐる戦いである。

日本企業の最大の課題は「モノづくりを越えたブランドの構築力」である。

ブランドづくりの大切さは誰もが知っている。

しかしながら、往々にして、短期の緊急課題が長期的なブランド構築活動を駆逐してしまう。

ブランドは顧客の心の中に生きているので、育成活動を止めれば必ず衰退する。

ブランド育成活動とは、「いかに新規顧客を獲得する力を高めるか」そして「一度獲得した顧客の心をいかにつかんで離さないか」である。

育成活動を上手に継続できれば、「ブランドは永遠」になる。

日本市場とグローバル市場の両方でのブランド・マーケティングの実体験をもとに、ブランド力強化に関する極意を6回に渡ってご案内します。

特別講師 】株式会社岡部マーケティングオフィス 代表 岡部髙明氏
(元 ユニ・チャーム株式会社 取締役常務執行役員CMO)

岡部先生はマーケティングの最前線で約30年間、戦ってきた経験があります!

ユニ・チャーム株式会社において「ムーニー」「ムーニーマン」「トレパンマン」「オヤスミマン」「マミーポコ」「ソフィ」「チャームソフト」「チャームナップ」「ライフリー」「超立体マスク」など数多くのナンバーワンブランドを創出。日本初、世界初の多くの新市場創造型の商品を開発。代表的なものに、子供用パンツ型の「はかせるオムツ」や大人用の寝たきりゼロを目指した「リハビリパンツ」などがある。マーケティング本部長時代の「ライフリー リハビリパンツ」のブランド開発は、テレビ東京 経済ドキュメンタリードラマ「ルビコンの決断」商品に魂を入れろ!(2011年3月18日)で取り上げられる。

また、事業責任者として事業の国際化を積極的に推進するだけでなく、CMO(マーケティング最高責任者)としてマーケティングの仕組みをドメスティックからアジア全域、欧州へと、グローバル・システムに進化させてきた実績もある。

現在は大手メーカーを中心に、事業戦略の構築、海外への新規参入戦略、新規事業開発戦略、新製品開発や新製品開発システムの構築、営業戦略の構造改革、トータル・マーケティングシステムの組織開発・仕組み開発など、多岐にわたって活躍中。

実体験に基づくリアリティのある講義と解説
論理的かつ具体的で実務にすぐに役立つ

対象

●担当ブランドを活性化して、ブランド力を強化したい方

●新規ブランドを開発・構築したい方

●ブランドのファンとの絆をつくり、ロングセラーブランドを育てたい方

●ブランド・マネジメントについて学び、プロダクトマネジャー、ブランドマネジャーとしての能力を向上させたい方

全6回の日程およびテーマ

前回の≪ブランド力強化コース≫参加者の声

■「実体験に基づいたブランディングの重要な基本を学べた」
一般的なフレームワークだけではなく、実体験に基づく、マーケティングやブランディングのあるべき姿の説明は、非常に説得力があった。また、ケーススタディを通して、より理解が深まった。“ 強いブランドとは、お客様の心に宿るものだ ” という、とても基本だが重要なことを掴むことができた。(ピジョン株式会社 海外事業統括部 松田一将さん)

■「毎日の仕事の実践にすぐに役立った」
ブランド・マーケティングについての詳しい講義は、実践に使える内容ばかりで、毎日の仕事にすぐに役立った。また、ケースメソッドのグループワークで、他社の方々と話せたのは良い刺激になった。(ピップ株式会社 プロダクトマーケティング部 山本明奈さん)

■「ブランド・マネジメントの基本的な考え方と武器が手に入った」
“ ブランドはマネジメントできる! ” その基礎となる考え方を学ぶことができ、方法やフレームなどの武器も手にすることができた。読めば読むほど味わい深いテキストは、これからのバイブルになります。(岡本株式会社 マーケティング戦略室 畑野之道さん)

■「ブランドとは何か、どう手を打てばよいか、よく理解できた」
これまでブランドについてよく考えてきたものの、曖昧であった「ブランド」という言葉を改めてよく理解することができた。反面、まだできていないことにも多く気づいた。ブランド力を早目に診断することで、早く手を打てることを知ったので、今後の仕事に活かしていきたい。(株式会社TTC マーケティング部 瀬上季代子さん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

365日立ち読みマーケティングメールマガジン


メールアドレス必須
名前(姓)必須



  • facebook
  • twitter
PAGETOP